2013年01月09日

第624章 地域産材活性化プロジェクト

今朝の北國新聞に記事を取り上げて頂きました。

530424_407360796011513_128271811_n.jpg

地域産材活性化プロジェクトを発足させたきっかけの一つに第605章 いしかわ森林環境実感ツアーがありました。

数年前から疑問に思っていた川上から川下までと言われる林業・木材業会が衰退していること。
どの立場のどの業種も潤っていないということ。

確かに時代の流れから外材の輸入や原木の価格暴落などの影響で地域産材の価値は見失われつつ
あります。
しかしいいモノ、本物が見直されている今、林業・木材業も同じコトが言えると思っています。
仕事はあるのに潤っていないっておかしいでしょ?っていうことなんです。

それを川上の原木伐採、搬出している会社を経営している企業も、製材業も、川下の小売業も
だれも潤っていない。さらには山主さんまでも潤っていないということなんですね。

だれも潤っていない仕事をこの先も続けていくことに存在価値はあるのか?
我々の使命はなに?
ということなんです。

地域、環境、社会、人のために我々の存在価値はあると信じています。

登山を始め感じたこと。
一歩づつでも歩みを止めなければ必ず山頂へ行ける。
方向を見失わないためにコンパスがいる。

目的を持って計画を立て方向を間違わなければ活性化できるはずです!!
そのためのメンバーがいます!
地域産材活性化の先にはきっと明るい未来があることでしょう!!

地域産材活性化プロジェクトに今後も注目して下さい!!
posted by 三代目 at 20:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 地域産材活性化プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

第623章 始動

今日から仕事始めでした。

新しい年を迎え新たな目標、夢(チャレンジ)を持ちます。
自分と従業員と今年一年の目標を仕事とプライベートで5個づつ書き出します。

去年から取り入れたことなんですが仕事を通じて夢を叶える。
叶えるために今何をしなければ行けないか。
短期的な目標ですがモチベーションと仕事を楽しんでやることを目指します。
言葉では簡単ですが実行し実現することは大変なんです。
それに向かって計画を立て実行し夢や目標を達成しやりがいや生きがいをを感じること。

夢のない人が多いと思っています。

何のために生きてるのか?
何のために働くのか?

哲学はわからないし宗教だなんて思ってもいない。

楽しいことばかりじゃない。
辛いことも嫌なことだってある。

夢があるから頑張れたり耐えることができたりやり遂げたりできたり
すると思っています。

もっと自分も深くそんなことを考えていきたいです。

夢を叶えるのは自分一人でできないことが多い。
人がいて仲間がいて助けられて叶うことばかり。

仕事をするのも会社を継続するのも地域のため人のため。
そんな夢を見ることのできる地域作りや街作りを通じて人が元気になる
世の中になれば最高でハッピーだと思っています。

きれい事じゃなく本当にそう思っている。
今年はより深くそんなことを考え会社も自分も共に成長していきたいです。

去年掲げたプライベート目標5つのうち3つは達成することができた。
一番最初に書いた
・剣岳登頂
これが一番難しいだろうなぁ〜って思っていたことが一番最初に達成することが
できたんです。
夢を持ってそれを話したことがきっかけだった。
それを聞いてくれた人が夏に誘ってくれたのがきっかけです。

それが達成された時本当に自分に自信を持つことができたと同時に
人に感謝することも覚えました。

人との出会いを大切に、自分を大切にするようになった。

夢を実現するためのきっかけはどこにあるのかわからない。
口にすることで実現できるとわかった。

今年もいろんな人に夢を語って実現できるように今年も一年楽しんでいきます。


・月一回山へ、1泊縦走(槍〜奥穂〜新穂)
・サッカー20試合(社会人、シニア、練習試合含む)
・海外へ(本物探しへ)
・1kgアップ(74kg)
・これは言えない!!!叶わないのか??

以上。

今年一年、鍋谷木材を宜しくお願い致します!
posted by 三代目 at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋谷木材について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。