2011年02月17日

第485章 全国交流

古民家鑑定士という資格を去年の3月に取得し全国には2000名以上の古民家鑑定士がいます。
都道府県ごとに財団法人古民家再生協会を設立し石川県古民家再生協会も今年立ち上げました。
石川県では7名の会員で活動をしています。

その古民家鑑定士の全国会議が東京であり参加してきました。


いや〜暑いです。つ〜な〜です。
元気な会員がたくさん集まってきています。

建築関係の仕事をされている会員さんが多いですね。
工務店さん、解体屋さん、瓦屋さん、壁屋さん、電気屋さん、材木屋さん。
中にはなぜか国立印刷局の方まで・・・

仕事の内容は違っていても向かうベクトルが一緒なんですね。

古民家鑑定士はその名称通り、「古い民家の保存、活用、再利用を目的に、建築的見地および環境保全の見地に立ち、専門的な知識と技術を用いて、お客様に適切なアドバイス」を行ないます。

業務内容としては

古民家を調査して、その状態を建築的見地並びに文化的見地から判断して、「活用できるか」「再利用・再生・部材での再利用が可能か」を判定し、ユーザーに適切な提案を行います。
古民家の資源を有効活用するための研究、新技術の開発、流通促進を行います。

古民家を再活用できる資源とし、それを有効活用するための研究や、技術の発展、流通経路の整備育成などを行います。
古民家の社会的認知の促進に寄与します。

古民家の再活用のための企画や提案を通し、また流通促進を通し、社会における古民家リユース意識の向上を図ります。

半日の交流会と勉強会とセミナーのあとの懇親会までしっかり参加してきました。

新橋にある徳島郷土料理 阿波おどりってお店です。

セミナーで講師頂いた安田久さんのお店です。
録画までして毎回見ていたマネーの虎に出演していた虎の安田さんです。
2011021719310000.JPG

2011021719520000.JPG

2011021719550000.JPG

posted by 三代目 at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 古民家鑑定士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古民家鑑定士・・・ぅむ〜(@_@;)

そんな資格があるなんてッ! ゴイス〜です。

いろんな職人さんとも交流できて素敵ですね☆

私も職人さんが好きすぎて・・・産業展示館でやってる『技能まつり』に職人さんを見に行きますが、
熱い視線を送るだけで、なかなか交流までには到りません(T_T)
Posted by リンコ at 2011年02月19日 10:49
自ら積極的に交流の場に出向くことが大切なことだと思っています。

それが自分を成長させることの一つだと思っています。

まだまだ青二才です!!
蒙古斑です!!
Posted by samurai at 2011年02月19日 12:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。