2012年03月12日

第593章 復興

東北大震災から昨日でちょうど一年が過ぎました。

2時46分には家族で黙祷しました。

自然災害であったけどいろいろな問題が発生し人間力や価値観など
見直された一年になったと思います。

去年一年を表す漢字は「絆」でしたがもちろん絆が見直されたり大切だったりと
いうこともありましたが、その裏では様々な怒りや悲しみもあったと思います。

テレビやニュースでの報道は物事の一部に過ぎないといつも自分は思っています。
否定をしているわけではありませんが、正確に伝えることの難しさもあると思います。

自分自身が現地で見て、話して、感じたこと、そして復興を目指して
できることを実行することが支援だろうと考えています。

ボランティア活動という言葉も個人的には好きではありませんが
人のお役に立つことは仕事もプライベートも大切だと思うし
その大切な部分をどのように自分自身の中で理解し消化し
行動することで絆が生まれるのだと思います。

絆のために活動するわけではないですよね。
活動することで自分が満たされてもいけないと思います。

人のお役に立つことは何を求めているのか、求められているのか、
という部分が大切なことだと思います。


書けば書くほど思い感じがしますが、そんな思いを形にすることは難しいですが
だからこそいろいろな支援があっていいと思います。

金額の大小や活動の回数ではないと思うのです。

昨日はテレビでもよく震災を取り上げていましたが
人ごとでもないし準備も必要だし自分がそうなった時どうすべきか考えた1日となりました。

キッチンにある食器棚に転倒防止対策をしたし防災グッズの見直しや
避難場所の確認もしました。

こんな意識を持てることも東日本大震災があっての気付きだと思います。

1万5千人を超える亡くなった方と3千人を超える未だ行方不明者の
魂を無駄にしてはいけません。

多くの犠牲者が教えてくれたことはたくさんあります。
遺族の深い悲しみも含め残された人はその方達に恥じないように
生きていかなければならないと思います。

まだまだ復興には時間はかかると思います。
長い支援活動が必要ですね。
まったく同じには戻らないと思いますが
1日も早い復興を願っております。



posted by 三代目 at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 支援活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257217502
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。