2012年05月01日

第599章 箱杉

久しぶりの更新となりました。
みなさんお待たせして申し訳ございません!
いろんなものに追われていて余裕がなかったということで
立派すぎる言い訳とさせて頂きます!

黄金週間(GW)だからと言ってどこかへ出掛けないといけないわけではないです。
だからといって河北潟の夢ミルクを散策したり、プラント3を物色したり、
かつやでカツ丼をお持ち帰りしてみたりやはたのすしべんへ行ってみたりしてもいいじゃない?

と投げかけてみましたがすべてGW前半に1日でにやっちゃいました!
かなりハードなGWでしょ?

さらに同じ日に嫁からの指令で箱を作らんかい!ということで
オリジナルカーボンニュートラルクリプトメリアジャポニカボックスを作成しました。

指定された寸法より若干小さめになりましたがコンパクトが流行りなので
これもまたヨシということです。

製材された石川県産の杉板です
2012043010300000.JPG

俺の手にかかれば一時間後には・・・
2012043015240001.JPG

こうなります!

感想を聞かれるなら言っちゃいますけど材の気取り寸法が難しかったですね!

立勝ち?横勝ち?上下蓋勝ち?なのか悩ませて頂きました。
かなり苛つきましたが・・・

この製作がGWの前半が終わったところでの一番のニュースですね!

子供にのこぎりで材料を共にカットし、嫁さんと共に真鍮釘を打ち、
嫁さんと子供と共にサンダーを掛け、そんな思いも入った作品となったわけです。

さらに悩んでたことを思い出しましたが材質をどうしようか・・・ということだったんですね!
嫁さんから晩御飯何食べたい?と聞かれて何でもいい!と答えていたことを反省すべきことなんですが
材質はなんでもいい!と言われ正直悩んだんですね!

材を貼り合わせたフリー板と言われる積層材もあればコンパネや合板と呼ばれる
接着剤で貼り合わせた工業製品もあれば・・・やっぱり無垢板でしょ!
というところからさらに材質は桧?松?杉?その他広葉樹?も含め検討した結果、
杉材になったんですね!

杢目に癒される、ヤニが出ない、軽い、手触りがいい、香りもそれなりで乾燥していた・・・
そして石川県産材!という条件がそろいにそろって決定したわけです。

商品名は長いですが杉の箱と言ってしまえばそれまでなのですが裏には
そんな思いも含まれている価値ある一品ができたと思っています!

今年の夏には鍋谷木材で木と触れ合いながら〜の木のこと勉強しながら〜の
講師を招きながら〜のランチしながら〜の木工作教室を開催したいと
企んでおります。

定員は10組くらいでしょうか?
金額は1000円くらいですか?
時間は2〜3時間くらいでしょうか?
夏休みの宿題も兼ねてなら軽くてコンパクトで実用性があるものでしょうか?
サプライズゲストありでしょうか?

ってくらいに妄想中なのでまだまだ未定な部分は多いかも知れませんが
何かしらやることだけは宣言します!

*これからGWも後半に突入しそうですがバスの運転や車の運転には充分注意して下さいね!
前半は特に遠出していなかったので後半は日帰りできそうなところへ誰もいないような所へ
ストレスなく行ってみたいと思っています!


posted by 三代目 at 18:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 鍋谷木材の材料達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
木工教室、参加希望です!ちびっこ限定でも大丈夫ですよね(^o^)/
Posted by a*kikori at 2012年05月02日 23:23
早速の申し込みありがとうございます!!
わんぱくちびっこであればOKです!!
ただの木工作ではありません!!
腹の底から笑えるようなイベントにしますので腹筋は鍛えてきて下さいね!
Posted by samurai at 2012年05月03日 02:31
ひでのり!!
参加するぞ!!

Posted by のざき at 2012年05月25日 19:38
大人しくしていることを条件に認めよう!
Posted by samurai at 2012年05月25日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/267988382
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。