2012年10月16日

第605章 いしかわ森林環境実感ツアー

またまた久しぶりの更新となってしまいました。
ボリッてしまいました!

9月22日に石川県緑化推進委員会が毎年年に5回くらい企画している「いしかわ森林環境実感ツアー」
といって手入れ不足人口林と強度間伐を実施した森林を見学しそして企業の社会貢献により整備された森を見学や「石動山史跡の森」でブナ林トレッキングするという一般公開イベントに参加してきました。

木を扱う材木屋として地元の森の現状や県の取り組みや一般の方の感覚なども含めて興味があり参加したのですがバスの中は完全に老人会のバス旅行になってましたね。

自分がダントツに一番若かったですから!

2012092210080000.JPG2012092209010000.JPG

まずは中能登町の間伐された杉の山とされていない山の見学に行き中能登農林総合事務所職員さんからの
説明が終わり質問タイムへ・・・

2012092210140000.JPG

説明には手入れが行き届かなくなり間伐作業が出来ていない山に環境税を利用し間伐作業をして
広葉樹との混合林にしていきたいと説明があったんですね。

2012092210170000.JPG

2012092210170001.JPG

真っ先に手を挙げ質問させてもらったのですが

@切り捨て間伐(間伐はするが山中から搬出はしない)に対する考え
A大径木(30〜40cm以上)まで育った杉の有効活用

@に関しては切り捨てされた木が腐り土に帰るまでのCO2の排出量と木から吸収するCO2の量が同じだと考えているから問題ない
Aに関しては最近の住宅では集成材(端材を接着剤で貼り合わせ柱や梁などの材料)が多用されているから大径木は集成材用に加工される

マジですか?

すかさず掟破りの再質問したんですけど問題ありませんとの答えなんですね。

まぁこのままなら石川の山に未来はないと思いましたね。
環境問題からの視点で見れば地球温暖化の原因の一つとしてCO2の問題があると言われてますが
CO2が問題であるのであれば間伐作業は必要であり混合林や植林などの手入れは必要になってくる。

しかし現状では荒廃している山に対してとりあえず間伐するため税金を使い何かを基準にして敵寸以上の丸太のみを搬出しそれ以外は搬出できても切り捨てられる。
実際測ったわけではないけど20cm前後が基準となっていそうです。

原木市では10cm〜の丸太なんて流通してますから!!

そして切り捨て間伐された樹が土に帰るまでに排出されるメタンガスはCO2に比べ20倍以上の吸収量が必要であることを考えると切り捨て間伐は間伐に対する効率を上げることにだけ効果的であると思うんですけど。

環境に対していいことなんて一つもないんですよね。

Aに関してもそう。
植林させるだけさせといて伐採時期に来ているのに当時より価格が下落している現状になると
大径木だろうが集成材用にする感覚が寂しすぎる。

大径木になるまでどれくらいの時間と手間がかかるのか、そしてその思いは報われるのか。

もちろん川下である材木業界も大径木に関する用途を検討する必要があると思うけど
川上側がそんな感覚じゃ悲しすぎるということです。

大径木の必要はないということと同じなんです!

まぁこの現状を打開するためにいろいろと考えてますから。
来年同じことは言わせません!!

未来のために・・・
木のために・・・
人のために・・・

材木屋の立ち位置をもう一度考え直す時が来ています!

ある意味参加してよかったです!!
posted by 三代目 at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

第601章 快諾

最近は流れを変えるためにシステムを4−4−2から4−2−3−1にしてみたり
3−5−2にしてみたり慣れないポジチェンもしながら椅子に座る時間を少なくしています。

その結果、精神的にも肉体的にも追い込まれ、そしてその状況に喜びを感じています。

逝ってます・・・

最近よく
「スズメ食べちゃたの?」
なんて問われることがあります。

野人ですか?
原人ですか?

なんでもいいですけど。

前フリはこんなもんにしときますが
先日、お会いしたことがないツエーゲン金沢のGMよりFBに
「今度お時間頂けますか?相談したいことがあります。」
とメッセージを頂いたんですね。

完全にオファーでしょ!

「成績がイマイチなので是非力を貸してくれないか?
契約金として1億くらいは準備させて頂きます!」

って展開を想像していたんですね。

まぁそうくることは間違いないとしても返事をどうするか考えないとな〜
年齢も39才だし仕事もしているし最近トレーニングも出来ていないし・・・
やっぱり断るしかね〜な〜
なんて思ってたんですね。

実際、会社に来て話していたんですがなかなか本題を切り出してこないんですね。
駆け引き始まってるな〜って感じでしたね!

「実は来月のイベントに協力して頂きたいのですが・・・」

??????って感じでしたが・・・

まぁあんまりここで引っ張ってもどうにもならないので告知しておきます。



7月21日(土)14:00〜
西部緑地公園前にてツエーゲン金沢のイベントに
参加することになりました。
石川県木材青壮年会として親子木工工作教室をさせて頂きます!!
参加費500円
20組限定
リトルチェアを製作して頂きます。

事前申し込みしたほうが確実です!



あれ?
なんだこの展開!

本当に人生って先が読めないですよね!

そんなわけでごきげんよう!

posted by 三代目 at 13:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | 木について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

第600章 全国大会in三重

第600回の記事をどうするか迷っているうちに更新が伸びちゃいました・・・
ということにしておきます。

600ってひっくり返せば009ということはゴダイゴということなんです。
一番最初に買ったレコードが銀河鉄道009やったんです!
英語のサビの所は雰囲気でしか歌えません。
日本人ですから。
日本語訳下さい。

今回は先日というか先月5月25日が前夜祭で26日が全国大会ということで
2泊3日三重ツアーだったんですね。
2012052515240001.JPG

年に一度の全国の木材青壮年会が集う第57回全国会員三重大会やったというわけです。
その中で木材活用委員会がありその委員会が担当する第15回木材活用コンクールという木の良さを生かした作品のコンクール
なのですが今年は新しい試みとして上部にリンクしておきましたがHPを作ったんですね。
病院のほうじゃなくてホームページのほうなんですがこのHPを作成するまでの管理責任者と
なったわけなんです。

プロバイダー?スキャン?ダブルクリック?レベルの自分が担当していいんですか?って
感じなんですがいつもどおり簡単に了解してしまったんですね。

結果的にHP作成会社と委員長の間に入ってパイプにもならないようなパイプ役をした結果
完成したHPというわけで自分は過去の受賞作品集めに働いていたワケなんですね。

15年前の入賞作品の応募者の割り出しから適当な画像データの手配からそれはそれは大変
やったかもしれませんね。もう過去のことなんで記憶も薄れてきていますけど・・・

その第15回も受賞作品も決定しその表彰式とプレゼンが全国大会で行われたんですね。
木材活用委員会の一年の最後の一大イベントということなんです。

事前打ち合わせも前日の夕方にサクッとやって当日もなんとかバタつきながらも無事に
終了しました。

今年から新たに農林水産大臣賞という輝かしい賞も加わり過去15回の中で最高の200件以上の
応募作品が集まりました。
同時に木工コンクールも開催されたので受賞作品を何点かチェックしてきたので
載せときます。
2012052517060001.JPG

2012052517060002.JPG

2012052517070000.JPG

2012052517060000.JPG

すげ〜〜です!子供達はすげ〜です!

そんな木工コンクールや木材活用コンクール、そしてシンポジウムや大懇親会もあり盛大な三重大会と
なりました。

松阪牛、赤福餅、伊勢神宮、を堪能して今日に至っております!
明日は石川県サッカーリーグの開幕戦なのでシバキにいってきますよ!
社会人の聖地二日市サッカー場です!

結果は新聞にて御確認下さい。

そして今日は百万石行列というこれまた年に一度の金沢のお祭りなんで
交通規制に注意しましょう!


posted by 三代目 at 10:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 木について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

第591章 白赤

杉です。

杉なんです。

赤(芯材)と白(辺材)がハッキリ区別できるのが特徴です。

造作材(化粧材)で全て赤とか全て白とか指定される時もありますが
個人的には杉の良さが半減しているような気がします。

杉の杢目は他のものと比べて優しいです。
理由の一つとして赤と白が入り交じるからこそ
面白く、杉の本質を表しているように思います。

それを指定した場合の価格は3倍くらいになると思います。
赤の無節ならさらにアップするんじゃないでしょうか。

空間の調和を考えた時、指定することも確かに一つだと思いますが
節の程度のみの統一で杉の良さがさらにその空間を演出すると思います。

自然のモノであるが故に嗅覚や視覚や触覚などに安らぎや癒しを与えてくれます。
人と木が共存していることで与えるモノや与えられるモノがあるからこそ
その価値がそこに存在すると考えます。

杉だけではありませんが木が持つ魂は形を変えても生き続けているんです。
だからこそその思いを受け止めなければいけないんです!

ありがたや〜ありがたや〜と思いながらいつも見ております。



あえて杉ではありませんが・・・
2012021613340000~00001.JPG


posted by 三代目 at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

第582章 能登ヒバ

石川県の県木なんです!
あすなろ白書です。

全て植林木です。天然ではありません。
ある意味いいでしょ!

そして・・・

2012012418400000.JPG

1.希望の木
2.若さの木
3.粘りの木
4.努力の木
5.富の木

ということですが人間が求める理想と同じじゃないですか?

そうなんです!

人間と木は同等だということです。


特に性格のいい木にしようと思えば手を加えないといけません。
育児と同じです。
小さいうちは特に手を掛けないといけません。

そして伐られても加工されても生き続けています。
人と共に生きることで互いがいい関係でいられるのですね。

空気、水、安心、安全、癒し・・・

まだまだ木の奥は深いと思っています。
地元の材料を特に地元の人が大切にしないと誰が大切にしてくれるのでしょうか?

そんな疑問を投げかけて今日は締めたいと思います。

posted by 三代目 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。