2012年11月09日

第617章 混戦&混乱&壬申の乱

泣くよ坊さん壬申の乱!

ということで今日はサッカーネタで!
サッカーファンの皆様には御無沙汰しております。
まだしぶとく現役でタマ蹴っております。
グランド駆け回っています。

そんな39歳と6ヶ月のヤンチャボーイが今週の日曜日母校の北陸大学フットボールパークにて
母校の北陸大学フューチャーズってイケイケの現役大学生サッカー部と
そろそろ引退してもいいようなおっさんチームがガチで立ち向かおうとしてるんです!
というか試合をしなければいけないんです!

お互い勝ち点9の首位争いを演じてるんです!
勝ち点9で首位争いですよ!
しかも次はリーグ戦の第6節ですよ。
どんだけ混戦なんでしょうか!
8チーム総当たりのリーグ戦で各チーム6試合終了し勝ち点9と勝ち点6の
どちらかに別れるほどの大混戦。

勝ち点って何?っていうそこのあなた!
リーグ戦は勝ち点が多いほうから順位が決定されるんです。
勝つと勝ち点3ゲッツ!
引き分け勝ち点1ゲッツ!
負け勝ち点ノーゲッツ!
なんです!
よ〜く覚えておくように!

今年のパリーグも混戦やったけどそんなもんぬるま湯やわ!
こっちの方が大混戦で今どうなってるのか自分でもわかっていないくらいで
かろうじて自分が誰なのかを把握するのに精一杯なんです!

そんな大混戦の中での第6節の首位決戦!
負けられない戦いがそこにはある!
って勝ったらどうなるんですか?って素朴な疑問を持っているそこのあなた!!

今は石川県2部リーグなんで上位2チームが来年県1部リーグに自動昇格するって
正月前なのにめでたい話だっちゅーの!

時間は18:30キックオフなんでよい子のみなさんはオネムの時間だと思うので
夢の中で応援していて下さい!

北陸大学周辺はいい感じに紅葉してるんじゃないかと思いますがかなり夜は冷え込みます。
選手泣かせです。この時期のナイターは選手みんな泣いてます。

泣くよ坊さん壬申の乱って言うことです!

それでは良い週末をお迎え下さい〜!

きっと勝利のご報告ができると信じています!

posted by 三代目 at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

第596章 開幕

社会人サッカー大徳ペラーダの公式戦初戦が少年サッカーの聖地、大豆田サッカー場で
行われたんですね。クレーですけど。

社会人になっても大豆田サッカー場でサッカーができるなんて感激です!
クレーですけど。

14時30分キックオフで30分ハーフだったんですね。
クラブ選手権って大会なんですが県で優勝すると北信越大会なんですね。
さらに優勝すると全国大会なんですね!

さらに優勝するとクラブワールドカップへ出場できる・・・・はずがないですね!

全国大会までは本当です!
本気と書いてマジなんです!

昨日は2回戦だったようでペラーダは強すぎて1回戦は不戦勝だったんですね。
理由は予想ですが。
勝手な妄想ですが。
妄想族ですから。

今年はさらに週2回ある練習にほとんど参加できないので技術、体力、時の運は
下がっているモノと思われます。

そして今年ペラーダに新加入選手は恐らく県内1だと思います。
理由は予想ですが。
勝手な妄想ですが。
妄想族ですから。

そして大型補強、小型補強いろいろありましたね。
楽しいヤツらがゴロゴロ転がっています。

俺も奴らのことはよく知らないしこれからが楽しみです。
なんてったって高校卒業したばかりのチ〜ピチピの17才ですから。

一歩間違えれば犯罪ですよ。
ニ歩間違えたら死刑ですよ。
三歩間違えたらいけませんよ。

そんな感じでチームの平均年齢はしりませんが得意の妄想で計算してみると
去年までは30才くらいで今年は25才くらいじゃないでしょうか?
完全におっさんですけど。
完全に黒いですけど。
完全に足も臭いですけど。

そんなチームが大徳ペラーダです。

昨日の試合を振り返ってみましょう。

試合開始後に気付いたのですが相手は9人だったんですね。
どうも野球の試合と勘違いしていたのかも知れません。

ってバカにしているワケじゃないですよそれくらいメンバーをそろえるのが
大変だと言うことです。
妄想ですけど。

日曜日ではなく祝日だったんで仕事のメンバーもいたのかも知れませんね。
妄想ですけど。


うちのベンチには7〜8人いたのかもしれませんね。
去年までを考えると嬉しい限りです。


そんな9人の相手と言うこともありさらにはラインDFで戦ってくれてさらにコンパクトに
戦ってくれたお陰で先制点を取ってからは完全にペラーダペースでしたね。

高校生が5点、大型新人が3点、前からのメンバーが1点の9−0で勝利したんですね。
去年のままのメンバーなら1−0と言うことです。

それだけフレッシュな選手が頑張ってくれましたね。
交代枠5人も目一杯使えたし、良かったかなと思います。

流れの中からのゴールやチャンスメイクを考えた場合はまだまだのところはありますが
初戦としていい結果を出せたことは今後の試合はもう少し落ち着いた感じで
できるような気がします。

いや〜若いって本当に素晴らしいですよね!

試合終了後、お互い整列し挨拶を終えると高校生メンバーは向かい合った相手の選手に
近づき手を差し出して健闘を讃え合うかのような握手をしていたのをみて
こうあるべきだなと感じましたね。

ペラーダにこれを取り入れてみるように提案してみます!

やはり試合終了後には同じサッカー選手として結果にかかわらず相手を讃えることは
とても人間として大切なことだと思います。

それは選手以外にもレフェリーや出場機会のなかった選手、応援してくれる人全てに
握手しなければいけないです。

最近、フラダンサーの方達と触れ合う機会がありましたが、握手やハグは
愛情表現として当たり前にしているようです。

世界に共通する握手やハグは言葉を超えた身近なスキンシップとして
お互いの気持ちを確かめ合うには一つの手段かもしれませんね!

とうことでベスト4を賭けた戦いは次の日曜日に少年サッカーの聖地である
大豆田サッカー場にて行われます。
見に来てね!とは言っておりませんのでご了承願います。
差し入れなども入りませんので御理解頂ければと思います。

相手は強豪野々市クラブです。
野々市の方は是非!!

大徳の方も是非!






posted by 三代目 at 19:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

第594章 撫子

ナデシコジャパンが日本の女子サッカーの火付け役になりましたよね。

サムライジャパンで言えばカズ、ナデシコジャパンで言えばサワみたいな
陽のあたらない時から努力をし海外に渡り力を付け日本のためにプレーする部分が
似ています。

沢にしてもいずれは代表から外れ引退する時がくるでしょう。
カズは代表から外れても日本サッカーの顔として今も現役で頑張っています。

でも震災復興チャリティーマッチもそうでしたがカズの名前がないと寂しく感じてしまいます。
やはりカズはみんなが期待してるだろうし現役で頑張っている姿はとても勇気付けられます。

今日、フェイスブックのコメントでカズや沢の話題ではありませんでしたが
日本サッカーの現状とこれからについてコメントさせてもらったんですね。

あくまでも個人的な見解ですが高校サッカーなどは指導者が自分の評価のためなのか
日本サッカー協会の戦略なのか知りませんが勝つためのサッカーや世界で評価されている
バルサやスペインサッカーなどが世界のトップだと言わんばかりに注目されています。

それを日本の高校生に指導したり日本サッカー協会が仕組み作りをしたりするのは
いかがなのものかということなんですね。

バルサやスペインサッカーが悪いとは思いませんが日本に限って言えば
それをそのまま取り入れることが必ずしもよくないということなんですね。

その影響が近年の高校サッカーが物語っているような気がします。

高校サッカーの決勝戦をみてもチーム戦術や止める、蹴る技術はたしかに毎年スキルアップ
しているような気がします。

しかし局面を打開する個の技術やサントスのネイマールみたいな若い選手の育成が
日本には足りないと感じます。
一人がボールを持って攻撃した時の怖さや期待感がある選手が少ないように感じると
いうことです。

いい選手とかっていう抽象的な表現に振り回されチーム戦術を理解し状況判断に応じ
正確なプレーをするのがいい選手なのか?

確かに数ある条件の一つかも知れませんが個性というものが大切だと思います。
確かに今はバルサのサッカーはスペクタクルなのかも知れません。

がメッシのような一人で打開できる選手がやはりバロンドールを受賞しているということなんです。
C・ロナウド、ロナウジーニョ、などやはりプラスαの個の技術を兼ね備えて持っているんですね。

日本からもそんな選手がたくさん出て欲しいと願っています。
海外の流行りを参考にするのはいいと思いますがそのまま当てはめることはいいとは思いません。

そのためには個の技術を伸ばす指導方針も必要だし指導者もそんな感覚を
持っていて欲しいと願います。

今日は頭の隅でいつもくすぶっていたものを書いてみました。
参考になればと思います。

日本のために、次世代への子供達のために・・・



posted by 三代目 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

第561章 初蹴

先日トレーニング前にスクールを開いたのですが
初めてサッカーをする子が2人来てくれたんですね。

事前に連絡があったので快諾したのですが正直緊張しましたね。
小学1年生の男の子と4年生の女の子なんですが初めてですからね!

緊張は初めてサッカーをトレーニングした後にまたやってみたいと
思ってくれるのか不安だったんですね。

自分も初めてサッカーする子を指導したんですがボールを蹴ることは
なんとかできるってレベルなんですよ。

蹴りっぱなしって感じでドリブルって言葉もわからないしましてインサイドとかなんて
もっとわからないですから。
指導2.JPG

こっちは普通に使ってしまいがちな言葉が通じないわけですから
その中で楽しんでもらうことは非常にむずかしいわけですよね。

ただ楽しむだけならいいですけどその2人意外にもよく来てくれる
子達もいるわけですから同時進行して指導するって難しいですよね。

指導1.JPG

でも難しさもその中で分かって欲しいわけなんですね。
1時間弱の間で出来ることは限られていますがサッカーの楽しさと難しさを
理解してもらうように指導したつもりです。

指導3.JPG

指導4.JPG

終わった後に始めてきた二人に思い切って感想を聞いてみたんですね。

どうだった?

「難しかったけど楽しかった」

最高な答えが返って来たんですね。


またおいでよ!って言ったら
頷いていましたね。

来週の火曜日はまた来てくれるみたいなのでさらに好きになるように
トレーニング考えてみます!

その子達は習い事をたくさんやっていてピアノ、習字、お琴、ランニング、スイミング、英会話・・・思い出せませんが10個くらいやっているみたいです。

いまどきの子供って忙しいんですね〜!!
posted by 三代目 at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

第529章 降格

昨日の県リーグの試合の結果により来期は2部降格となってしまいました。

栄枯盛衰というように常に上位にいることは非常に難しいことです。
会社も同じように事業承継がうまくいかないと衰退していくことは充分に考えられます。

自分自身は年々、サッカーのトレーニングが出来なくなってきています。
もちろんそれはプレーにも反映されていると思います。


トレーニングする時間を確保することが出来ればプレーの資質の向上も可能だと思っています。

あとはそれを目標とするなら時間を作ることもしなくちゃいけないだろうしチームの練習日に参加できなくなってきているので個人的にトレーニングする必要があるということですね。

サッカーは生涯スポーツだと思っています。
トレーニングは裏切らないと思っているしそれ以上に自分自身の成長や仲間作りには必要だと思っています。社会人のチームの難しさはメンバーそれぞれが仕事をしながらってことですね。

全員が集まってトレーニングすることは理想だけどそれが現状でどのチームも難しい。

となるとチームの方向性をいかに理解し個の集合体がチームとしての組織になっていることを
理解することが必要なんですね。

プロではないアマチュアの難しさもあるのですがそれぞれサッカーに打ち込める時間が違うことから
その温度差をどう解消するかということも大切ですね。

リーダーの存在がとても重要で多くの能力が求められます。

会社の経営者もそうですよね。
リーダーが何のために経営しているのか?
社員にその思いは浸透しているのか?

しっかりとした強い組織にはいいリーダーがいると言えます。

降格したことは結果で、来季に向けてどうするのか?
メンバーみんなで共有できるしっかりした目標を立てそれに向けて計画を立て実行し反省する。

この繰り返しが大切なんでしょうね。

原因の追究ももちろん大切です。
結果を出しているときの組織はまとまっていますが結果が出せなかったときは崩壊する可能性も
あります。物事をあきらめることは簡単です。組織のために自分のためにありたいと思っています。

photo_E152226A11.jpeg[1].jpg

また今日もいい話やなぁ〜・・・って俺だけかい?
って投げかけて終わらせていただきます。
posted by 三代目 at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。