2013年01月09日

第624章 地域産材活性化プロジェクト

今朝の北國新聞に記事を取り上げて頂きました。

530424_407360796011513_128271811_n.jpg

地域産材活性化プロジェクトを発足させたきっかけの一つに第605章 いしかわ森林環境実感ツアーがありました。

数年前から疑問に思っていた川上から川下までと言われる林業・木材業会が衰退していること。
どの立場のどの業種も潤っていないということ。

確かに時代の流れから外材の輸入や原木の価格暴落などの影響で地域産材の価値は見失われつつ
あります。
しかしいいモノ、本物が見直されている今、林業・木材業も同じコトが言えると思っています。
仕事はあるのに潤っていないっておかしいでしょ?っていうことなんです。

それを川上の原木伐採、搬出している会社を経営している企業も、製材業も、川下の小売業も
だれも潤っていない。さらには山主さんまでも潤っていないということなんですね。

だれも潤っていない仕事をこの先も続けていくことに存在価値はあるのか?
我々の使命はなに?
ということなんです。

地域、環境、社会、人のために我々の存在価値はあると信じています。

登山を始め感じたこと。
一歩づつでも歩みを止めなければ必ず山頂へ行ける。
方向を見失わないためにコンパスがいる。

目的を持って計画を立て方向を間違わなければ活性化できるはずです!!
そのためのメンバーがいます!
地域産材活性化の先にはきっと明るい未来があることでしょう!!

地域産材活性化プロジェクトに今後も注目して下さい!!
posted by 三代目 at 20:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 地域産材活性化プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

第623章 始動

今日から仕事始めでした。

新しい年を迎え新たな目標、夢(チャレンジ)を持ちます。
自分と従業員と今年一年の目標を仕事とプライベートで5個づつ書き出します。

去年から取り入れたことなんですが仕事を通じて夢を叶える。
叶えるために今何をしなければ行けないか。
短期的な目標ですがモチベーションと仕事を楽しんでやることを目指します。
言葉では簡単ですが実行し実現することは大変なんです。
それに向かって計画を立て実行し夢や目標を達成しやりがいや生きがいをを感じること。

夢のない人が多いと思っています。

何のために生きてるのか?
何のために働くのか?

哲学はわからないし宗教だなんて思ってもいない。

楽しいことばかりじゃない。
辛いことも嫌なことだってある。

夢があるから頑張れたり耐えることができたりやり遂げたりできたり
すると思っています。

もっと自分も深くそんなことを考えていきたいです。

夢を叶えるのは自分一人でできないことが多い。
人がいて仲間がいて助けられて叶うことばかり。

仕事をするのも会社を継続するのも地域のため人のため。
そんな夢を見ることのできる地域作りや街作りを通じて人が元気になる
世の中になれば最高でハッピーだと思っています。

きれい事じゃなく本当にそう思っている。
今年はより深くそんなことを考え会社も自分も共に成長していきたいです。

去年掲げたプライベート目標5つのうち3つは達成することができた。
一番最初に書いた
・剣岳登頂
これが一番難しいだろうなぁ〜って思っていたことが一番最初に達成することが
できたんです。
夢を持ってそれを話したことがきっかけだった。
それを聞いてくれた人が夏に誘ってくれたのがきっかけです。

それが達成された時本当に自分に自信を持つことができたと同時に
人に感謝することも覚えました。

人との出会いを大切に、自分を大切にするようになった。

夢を実現するためのきっかけはどこにあるのかわからない。
口にすることで実現できるとわかった。

今年もいろんな人に夢を語って実現できるように今年も一年楽しんでいきます。


・月一回山へ、1泊縦走(槍〜奥穂〜新穂)
・サッカー20試合(社会人、シニア、練習試合含む)
・海外へ(本物探しへ)
・1kgアップ(74kg)
・これは言えない!!!叶わないのか??

以上。

今年一年、鍋谷木材を宜しくお願い致します!
posted by 三代目 at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋谷木材について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

第622章 初雪山

12月22日に西穂高へ行ってきました。
登山のために・・・って冬山です。

冬山へ行くなんて3ヶ月前まで考えなかったです。
その魅力を感じなかったしい中そんなとこへ行くこと自体がおかしいだろ?って思ってた。

そんな想いを一変させたのは10月28日に鏡平へ行ったこと。
秋山へ行く予定だったのが雨は降るし視界も良くなかった。
でも楽しかったんだね〜。
悪天候でも山を楽しめたんだね。

そして途中から雪が積もっていてその中でも歩いて行けたことや
紅葉と同時に雪景色も楽しめたこと。
そして雪の登山道を歩くことも楽しかった。

景色はその時期だからこそ見ることのできるご褒美だと思っている。
景色を求めて行っているワケじゃないんだけど綺麗な景色も楽しめたら
それはそれで気持ちがいいしね。

晴れも雨も雪も風も気象条件によって同じ山でもいろんな状況が生まれる。
その天気を楽しみながら目的地を目指す。

だから冬山の景色も興味があったしそれを見るためには装備が必要だった。
凍った雪や岩山をクライミングするならピッケル、アイゼンが必要だし、厳冬期に行くなら
アウター、インナー、冬用シューズ、グローブ、帽子、サングラス、など・・・
そして雪山と言っても凍傷にならないように装備のグレードも上げないといけない。
必然的に金額も上がってくる。

自分の身を守る装備だし予算も考えてながら必要な装備をそろえた。
北アルプスの3000mを意識してそろえた。

西穂高は樹林帯のアプローチをロープウェイでカットできること
そして通年やっている山小屋もあるから安心して行ける。

夏山であれば日帰りで西穂高までチャレンジできる。
ロープウェイの運行時間など考えても冬場は西穂独標がいいとこだろうね。

とりあえず冬山は厳しい気象条件で行きたかった。
装備のチェック、冬の北アルプスの厳しさなど体感したかった。

道具はほとんど使う場面があったし条件も厳しかったと思う。

ロープウェイ降り場より山荘までは風もなく雪の中をラッセルする場面もありながらも
なんとかトレースもあり楽しみながら歩けた。
山荘の気温は0℃。この時期にしては温かいみたい。
温かいとは言わないのか?

山荘についてここから先、独標を目指す時はアイゼンの装着が必要。
アイゼンを買ったはいいけど試しに装着してこなかった。
ショップでは靴に合わせてセットだけはしてくれてた。
でも自分で装着はしてこなかった。
難しいモノじゃないだろうと思ってた。

いざ山荘で装着しようとするとうまく装着できない。
しかも山岳会に所属する先生が(勝手に呼んでるんだけど本人に先生というと怒られるんだよね〜)
装着しようとしてもよくわからないみたいで15分くらいは格闘してたな。

結果として付けることができたんだけどアイゼンに付いている紐が長すぎただけというオチだったんですね。
最高なスタートが切れそうな予感!!

そしていざ稜線へ!!
2012122210560000.JPG

今までの樹林帯と違いいきなりの暴風!
ゴー!!という今まで台風でしか味わったことないような横殴りの風。
そして雪。

前を見ると左から右へ真横に降っている。
帽子、サングラス、ネックウォーマーで顔を覆っているようでも微妙に出ているところは
横殴りの容赦ない吹雪に打ち付けられ痛みにを伴うくらい。

視界も良くない仲でルートを記す赤旗を目指しながら進んでいく。
アイゼンでの歩行は思ったより抵抗なかった。

稜線に出るとほとんどトレースがない。自分たちの足跡も数分で消されてしまうくらいの
天気だった。

時にはホワイトアウト寸前。
2012122212050000.JPG

なんとか丸山に到着
2012122212050001.JPG

初めての雪山だから何もかもが新鮮だった。

そして丸山を過ぎるとルートを示す赤旗すらない。
地図とコンパスを使わないと方角がわからない状況。

雪山のいいとこは夏山と違い登山道じゃないところでもガンガン歩ける。
逆に言えばコースアウトしやすいってこと。

コンパスを使えないけど持っていった。
使い方を聞くとコンパスの大切さを身に凍みて感じた。
地図とコンパスの両方があって読図できるんだけどそれができた時には
どこでも行けるような気がする。
もともと地図は好きだからこれからの自分のテーマが新しくできた感じかな。

そして独標付近に到着。
ここからは鎖場となる。
冬の鎖場はとにかく怖かった。
2012122213080000.JPG

下へ降りると独標が目の前に
2012122213090000.JPG

あとから写真を見直してもとてもその時のことを思い出すくらいに好きな一枚。
携帯のカメラなんだけど侮れないわ!!

ルートファインディング(ルートを示すマークででコースをみつけること)ができないと危険。
これは夏山の縦走でも経験をした。
危険なピークなんかは攻めるルートを間違えると非常に危険なんだね。
特に冬山は危険。

ここからは雪と岩のミックスで本当にアイゼン、ピッケルが活躍してくれたね。
今までの夏山で山頂へ行っても感動はなかったけど初めて独標に着いた時は感動した。
景色なんてまったく見えない。でも感動するくらいリスキーだった。
2012122213310000.JPG

写真は山岳会の先生ね!

完全に心が突き動かされた感じがする。
それは日常に置いても自分の限界を感じなくさせるかのようで道具と体力とチャレンジする気持ちがあれば目標を達成できることを体感した。
山荘に戻った時は自身の成長と自信を感じた。
これがリスキーな山を求めてしまう根本なんだなぁ〜。

でもそう感じることができたのは家族や、山岳会のメンバーがいたからこそ。
そしてもっと言えばショップや、メーカーも含めて感謝している。

今回の装備でアウター、インナー、グローブはすべてパタゴニアでそろえた。
他にもブランドメーカーはあるけどパタゴニアと出会ったきっかけも人だった。
ショップの店員さんなんだけどその人はパタゴニアをめちゃくちゃ愛していた。
それを必死に伝えようとしてくれたことでその想いは伝わり自分もパタゴニアパーフェクトブックで
勉強もした。社長の製品作りに対する考え方がとても共感できた。環境、信頼、努力、人。
知れば知るほど好きになった。
すべて商品へのこだわりにつながっていることを知った。
そんな企業にも守られ達成することができたと思っている。

自然を通じてさらに人に感謝することを覚え、自分も成長できる。
本格的に登山を初めて半年。
山に知り合あうことができて自分自身が本当に成長させてもらっていると感じているし
これからも自分の技術に見合った楽しめる登山を続けていきたいな。

本当に支えてくれる人に感謝!!

posted by 三代目 at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

第621章 300超

昨日、自社で初めてトントゥワークショップイベントを単独開催しました。
それまではみわとしこさんのイベントをサポートしてたわけなんですけど
単独でやるなんてなんてチャレンジャーなんだろうと思ったりもしています。

事前申し込み無しでイベントの発信はフェイスブックとこのブログだけでしたね。
それで来てくれたのは32組80人超えました!
晴れていたのでほとんどの方が外で作業してもらいましたが雨降っていたら・・・無理だったでしょうね!
持ってるなぁ〜って思いましたね!!
鍋谷木材に30台の車が一斉に来たことは恐らく史上初!!
うちの親父も何も言わなくてもサポートしてくれました。

何人来るのかわからなかったのですけど予想以上でしたね。
これはみわさんがフェイスブックでイベントの告知をしてくれたお陰なんです。
面識ない方には「どうやってイベントお知りになったんですか?」って聞いたら
みわさんに聞いてとかみわさんの友達に聞いてとかそんな方が多かったですね。
それだけみわさんのトントゥへの想いが半端ないということですね!!

そして最初に簡単に間伐材の話とトントゥの話をさせて頂きました。
石川県産杉の間伐材を森林組合より仕入れてきたのですが市に並ばなかった材料から
10本ほどゲットしてきました。ほんの10本です。

2012121210430000.JPG

曲がり材だったり末口が10cmくらいだったり・・建築ではなかなか用途が見つけられない丸太ですね。
でもトントゥにするなら充分なんですよ!
だからそんな丸太をあえて選びました。間伐材の有効活用です。
このままだとチップ工場へ行ってたんじゃないかと思われます。
チップになることが悪いとは思いませんが山から切り出された丸太がそのままチップにされるようじゃかわいそうじゃないですか。トントゥになら生まれ変わることができるんです。
だからこそ市場に出回らない丸太を求めました。

山主さんの思いや林業の方の思いを考えるとできが悪いのかも知れませんが付加価値をつけることで流通できるということなんですね。トントゥはだからこそ幸せを運べるんだと思います。
人に本当に多くを与えてくれます。

結局80人以上参加頂き生まれたトントゥの数は300を超えました。多分・・・
準備していたトントゥは品切れに・・・
さすが材木屋!緊急に増産させて頂きました!!
嬉しい悲鳴ってやつでしたね!!

そして参加して頂いた方にお願いもしました。
「時間に余裕のある方は鍋谷木材前にトントゥを並べたいのでご協力お願いします!!」
って言ったらこんなにも!!
2012121611530000.JPG
これは1部なんですけど32個のトントゥを提供して頂きました。
そして会社前には・・・
2012121612210000.JPG

こんな感じです。
交差点近くなので信号待ちの車の方にはしっかり見て頂けると思います。

そしてまたまた繋がりが・・・
自分は一つとしてトントゥを作ることはなかったんですが幸せを運んできてくれましたね。
トントゥを通じて多くのかたと知り合うことができました。
誰々知ってるよ〜とか働いている店のカウンター板は鍋谷木材からの材料ですよね〜!!
とかめちゃくちゃ嬉しかったですね!
共通の知り合いだったりとか材料を通じて話してくれるなんて嬉しいですよね!!

とりあえず余裕のない中で取った数枚の写真です!
2012121611540000.JPG2012121611530001.JPG2012121611530000.JPG2012121611320000.JPG2012121611310000.JPG2012121611090000.JPG2012121611080001.JPG2012121611080000.JPG2012121610550000.JPG2012121610230000.JPG2012121610220000.JPG2012121610120000.JPG

こんな感じです!!
雰囲気だけでも伝わりますよね!

こんなにたくさんの人が楽しそうに書いているのみてこちらが楽しくなりましたね!
「次イベントした時はアシスタントとしてお手伝いします!」って言ってくれる人がいたり
本当に気持ちだけでも嬉しいですよね!!

さらには福島県の仮設住宅へお菓子と一緒にトントゥを送ることを予定してるんですが・・・って話が昨日ありましてそんな企画に感動しちゃってそちらにも全面サポートさせて頂きます!!って約束させて頂きました。

トントゥが仮設住宅に幸せを運ぶわけですからそんな素敵な企画のお手伝いができるなんて嬉しいですね!

トントゥは本当にたくさんの感動や幸せを運んできてくれています!
皆さんもぜひいかがですか?




posted by 三代目 at 00:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

第620章 告知

“トントゥ”ワークショップ開催のお知らせ

クリスマスをハンドメイドで更に楽しく!
皆さん、トントゥってご存知ですか?トントゥはフィンランドの妖精。フィンランドではクリスマスが近づくと“幸運が訪れますように”という願いを込めて、窓に紙のトントゥを貼ったり、木にペイントしたトントゥを庭先に飾ったりする習慣があります。

そんなトントゥを愛し、地元にたくさん増えると楽しいはず!!と長年活動しておられる方が作家のみわとしこさん。鍋谷木材は、数年前よりみわさんの活動を応援させていただいております。

そこで今回、石川県産材杉の間伐材を利用して、“トントゥ”を製作するイベントを開催させていただくことになりました。

間伐材は山を手入れする時に適正に伐採され搬出された木材です。木のぬくもりと温かさは変わりません。間伐材を有効利用し、自由に木にトントゥを描いて、クリスマスを盛り上げてみましょう

親子で、カップルで、お一人様で…、是非オリジナルのトントゥをハンドメイドしてみてください。

トントゥからつながる地元の山の活性化、環境保全。
皆さんのお越しを、是非お待ちしております!

日 時:12月16日(日)10:00〜
場 所:鍋谷木材 金沢市寺中町チ25−1
参加費:1000円

posted by 三代目 at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋谷木材の材料達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

第619章 記憶

自分の中では先週619章として更新したつもりが・・・

されてない!!??

いいんですけど。
勘違いかもしれんね。

時間がない。
もう行かないと。
何か書こうか?
昨日の試合で開始早々に掟破りの相手に向かってジャンピングハイクリアーしたつもりが
ジャストミートせず着地した瞬間、グキッって!!左足首をやっちゃいました。
暫くしびれた中でのプレーを続けたけどパフォーマンスはあがらず。

その中でできる限界をしてたつもり。
左足でロングキックなんてムリムリ!!!!!

後半途中にもスライディングタックル炸裂したはいいけど左足巻き込み確認しなかったため
同じヵ所と思われるところをやっちゃったんですね!

この時確信しました。
鉄人って衣笠祥雄じゃなくて俺やなって。
間違いなく勝ったって思ったし!
思うのは自由だし!

サッカーの話ね!

昨日のリーグ最終戦の話ね。
しかもナイターね!
寒い寒いしね!
もう行くしね!


え?

結果は1−1ドローね!
残留ね。
昇格も降格もなかったね!

また来年ね!

よかったね!!

ほら!遅刻しそうだね!
急がば回れね!
急がば・・・もう行くね!

本当に行くね!

今日は短めね!!

だね!!
posted by 三代目 at 17:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

第618章 人xひと=∞

先日の投稿より数日が経過し更新できなかったことを申し訳なく少しだけ思っております今日この頃・・・

たいした反省はしておりません!
そんな反省するくらいなら未来を見つめ考えます!!

やば!格好良すぎる俺!!
皆さんパクって良いですよ!!
TTPね!TTP!

なに?オバマが再選したからさらに進むって?
それはアブね〜〜〜〜!!
そっちはTPPだから!

TTPね!

じゃ今日はこの辺で!!







って終わったら気になるでしょ!!
TTP=徹底的にパクる
ということで俺が考えた訳じゃございません!

人の良いところはパクっていきましょうということです。
所属している同友会の知る人ぞ知る造語です。

同友会メンバーの中でしか伝わりませんのでご注意下さいませ!

また前置きがダラダラしておりますが人というのはですねぇ・・・・
えっ?
先日のサッカーの結果を教えろって?

興味ないくせに〜〜〜!!
はぁ〜

ハイハイ 1−3で負けました!以上!

これで首位争いから脱落です。
サッカーは紳士のスポーツだ!って小学4年から叩き込まれてますからね!
どんな状況でも紳士的に現状を受け入れ成長していきますよ!

ってきれい事ですな!

今日も練習ですけど週2回あるチームのトレーニングに週1回行けるかどうかという
夜だけ多忙な39才の自分が20才前後の毎日トレーニングしている学生とガチでやらせること自体が・・・
石川県サッカー協会!!よく聞け!!社会人リーグに学生を入れてどうすんじゃ!!っと声を小にして言いたいんですわ!
学生は学生リーグってもんがあるんだからそっちで青春してなさいって話です。

負けたことより母校の北陸大学に負けたことがむかつくんですわ!
北陸大学を嫌いなんじゃなくてサッカー部が嫌いなんです!
昔は自分も所属してましたからいいんですけど最近の北陸大学のサッカー部が嫌いだと言ってるんです!

まぁ何を目指してるのか知らんけど大人の都合でサッカー部の在り方を一方的に変えそれまで頑張っていたサッカー部員を切り捨てるテキななやりかたは人間として認めないわ!
ツエーゲンの立ち上げと一緒ね!
同じ人が絡んでるし手口も一緒!

まぁ個人のブログに載せたところでどうにもならないのですけど大人の事情ってやつなのか組織を動かしたければ筋を通せって話です。
そんなヤツの顔を見るだけで吐き気するわ!

ってところが北陸大学サッカー部の数年前の姿ですね。
今の学生は知らないだろうけど。
学生に罪はない!

負けたから言ってるワケじゃないからね!
俺は紳士だから!
自分で言うのは勝手ですから!

さ〜て試合の内容を振り返ると技術・体力は学生が上だったね。
ポゼッションも4:6だったと思うし。
思ってた以上に技術の高い子がいて驚いたね。
俺が学生だった頃ももう一度俺にサッカー熱を与えたのは後輩の五十嵐誠だったし。
もうサッカーなんてそれなりでいいわ〜なんて思っていた頃の衝撃の技術。
いや〜こんな上手いヤツが身近にいたのかって思って上手くなろうとしたね。

そしたら引退する時にくれたボールの寄せ書きには
「永遠のライバル」って書いてくれたのが認めてくれてるんだ〜って嬉しかったね。
ヤツはどうしてるんだろう。いつもそんなこと思わないけど。今ふと思った。

それもそうだし昨日も今日も人に出会い刺激を受けた。
身近なところにすごいヤツがいるなぁって思うんだね。
そのすごいって思うのはいろいろな部分なんだけど考え方だったり知識力だったり生き方だったり。

若い頃思ってた格好いい人は外見とかだったけど最近というか大人になってからは生き方だったり内面に魅力を感じる人を格好いいと思う。
それは夢を諦めずに追いかけている姿なんだろうね。輝いて見えるというか・・・
そう思うことで自分もそんな男になりたいとか憧れとかあるからこそ頑張れたりするんだろうね。
自分はどうなんだろうって最近いつも問いかけている。

ある人が言ってた。
山に登ることは自分に自信を持つため、自信の成長を感じる、だからリスキーさを求めてしまうと。
確かに同感だった。
自分も山にリスキーさを求める一つには成長したいとかその先にはどんな自分になっているんだろうとか
まだまだ経験値の少ない自分は成長を求めていたような気がする。

成長や夢を諦めた時、人は輝きを失ってしまうと思ってる。
仕事でもプライベートでもなんでもいい。
自分の理想を描き計画を立て頑張る日々を感じることが大切なんだと。
長く生きることは目標じゃない
格好良く生きること。
それが自分の憧れなんです。自分らしさを大切にすること。

自分の花
名もない草も
実をつける
いのちいっぱいに
自分の花を
咲かせて
BY みつを


自分は人と接することで力をもらう。
その力を人のために使いたいと思う。
その力は無限なんだぜ〜!!

BY ひでのり
posted by 三代目 at 19:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。