2012年10月23日

第610章 新穂高〜奥穂高〜西穂高〜新穂高 縦走 vol.1

10.14に新穂高〜奥穂高〜西穂高〜新穂高を縦走しないかとお誘いを受けた。

ちょうど槍が岳へ登るタイミングを逃した直後だったこと、そして西穂高よりさらにリスキーなコースを求めていたし、来年にはそのコースを行きたいと単純に思っていた矢先のお誘いだったんです。
自分の中ではグッドタイミングだったんです。

きっかけってほんとにタイミングですよね。

そして二つ返事でOKしたんですね。
実は誘ってくれた彼もまだ今年から登り始めたばかり。
俺と体力的にも経験的にも求めているレベルも非常に近くて一緒にいても楽しいヤツだし。

まぁ一番は自分が行きたかったってことなんですが。

それから周りの人などにそのコース行ってくるって話したら実はかなり反対されました。
無謀な計画だとか時期を考えろとか・・・

確かに山のことはよくわかっちゃいないし経験もないこともわかってる。
自分の中でどれくらいの経験を積めばOK!ってことが見えなかった。

経験者から止められるんだから山のことわかってない自分にしたら無謀なのかな?
って思ってしまう。

そんなこともありルールを決めた。
天気が怪しかったら中止する。
途中で予定時間から厳しい(最終ロープウェイは16:40)と思えば引き返すか山荘で1泊する。

ってことで行くことをハッキリ決めた。

今までもそうだけど行く予定のルートやコースの情報を必要以上に求めないんですね。
どうにかなるっていつも思ってる。根拠はないけどどれだけ計画を立てても条件が変わればその通りにいく
保証もないし。あくまでも必要以上はしないってことで・・・

それで一緒に行く彼がまたマメな男で俺とは違って調べてくれるんだね〜。
奥穂高まで5時間、奥穂高から西穂高まで6時間で大丈夫でしょ?ってネットで調べてくれたらしい。

そして10月は夏山ではなく冬山になってもおかしくない時期だということを聞いて
帽子と手袋フリースだけは前日に買ってザックにはドリンク1L、おにぎり4個、合羽、ピステ、厚手のウィンドブレーカー?みたいなものだけ持っていった。

計画では
3:00 新穂高出発 
8:00 奥穂高山荘
15:00 西穂ロープウェイ乗り場

最終ロープウェイまでは1:40余裕があることになる。
こんなレベルでは計画とは言えないだろうけど。

1時に金沢を出て3時15分に登り始める。
もちろんヘッデンスタート。
星がとても近くに感じたくさん見える。

最初は槍が岳を日帰りで目指すコースと同じで白出沢小屋で奥穂高方向とは分岐になる。

そこまでにショートカットのコースがあるらしく一度槍に行っている彼は非常に頼もしく感じたね。
しかし分岐までは良かったが会う人会う人槍を目指すと言うことで奥穂高〜西穂高縦走は5組くらいに出会ったがどの組も違っていた。
ちょっと不安。やはり無茶だったのか・・・

分岐からはちょっとケモノ道へ・・夜だからまったく俺はわからない。
そして進むに連れてさらに険しすぎるケモノ道に・・・
どうもすでに間違えたらしい。
一回来ていても間違えるくらいに夜は怖い。
どうにか少し戻り正しいルートに戻った。

もう俺は暑すぎてフリース一枚に下は夏山スタイル!
それくらいに快適やった。

そして白出沢での分岐。
4:30

ペースがよくわからんけど小休息。

そして荷継沢まで樹林帯を歩く。
そんなに広くもないし熊を警戒しながらアホなこと言いながら歩いていたような気がする。
熊が出てきたらどうするか?って話をしていたんやけど俺は闘う!って豪語してた。
ヤツはそれを応援するとかほざいてたわ。

かなり途中急登もあったし、ここで熊出てきたら勝てね〜〜わって叫んでたわ。
ここまでも沢を木でできた怪しい橋で渡ったりハシゴを登ったり鎖場があったりすでにテンション上がってたし。でもまだヘッデンなんだけどね。

そんなこんなで荷継沢に到着。6:00
ここから2時間で奥穂高山荘ということなのでなぜか計画通りなんだよね。
2012101405570000.JPG

ここでヘッデン外す。そして休憩。おにぎり2個くらい食べたかな。
2012101405570001.JPG
ここから奥穂高山荘までの2時間がガレ場となるようだけど・・・

でも樹林帯を抜けてのここの景色は紅葉も始まり笠ヶ岳も見えるしご褒美をもらったような景色でしたね。
2012101405580001.JPG

2012101405580003.JPG

2012101405590001.JPG2012101406180000.JPG2012101406180001.JPG

そしてガレ場を歩き始めてペンキのOXを探しながら歩くもなかなかみつけらないけど
向かう方向だけはずーっと見えているから迷うことはない。
と思ったらこんな広いところでコースアウト!!
違う沢に吸収されかけるところだった・・・

歩いても歩いてもガレ場。
かなり体力は消耗されていく。
奥穂高山荘に8時に遅れるとそこから引き返すことも考え始める。
しかし山荘はまだ見える気配もない。

日が登りはじめ背中にそびえる笠ヶ岳が日の光を浴び始める。
思わず足を止めてしまう。

2012101406380000.JPG

ご来光を見たことない自分にとっては感動ものでした。

焦る気持ちを抑えながら奥穂高山荘を目指す。
ガレ場だとペースもあがらない。体力だけが奪われていくような感じ。
ここで身体に異変が!
右股関節に痛みを感じ始める。
剣登山でも感じたことなかった。
もし激痛で動けなくなるのでは・・・
そして右足をかばうように登っていくと左足ふくらはぎが痙攣をおこし始めてきた。
こんなことは今までなかった。動けなくなってしまうことを考えたり救助を求めないといけないかったりといろんなことを考えてしまう。まだ計画では中盤にも差し掛かっていない。

その先には馬の背、ジャンダルム、西穂高岳・・・ずっと集中しないといけない稜線が続く。
どうなるんだろう・・・マジでやばい・・・
やはり無謀だったのか。反対されてたのに・・・

続く

posted by 三代目 at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

第609章 第34回農林漁業まつりのあと

10月20、21と農林漁業まつりが終わりましたが今朝の新聞発表では来場者数が
な、な、なんと〜〜10万5千人だったそうです。

金沢だけで考えると10月1日現在で463,511人ですから4.41人に1人は行ってたことになるんですね!
でも連日行ってた俺もカウントされてるだろうし実際には3人に1人くらいになるんじゃないかな。

それにしても相変わらず人気のイベントですね。
年間通じてこれを越える集客力あるイベントはないんじゃないか。

アントニオ猪木引退試合でも7万人だし。

それくらい多かったってことやね!
一万個の積み木ひろばは
2012101911300000.JPG2012102010510000.JPG2012102010480000.JPG

って感じで初日で持ち帰ってもらった積み木は半数以上を占めてしまったかも・・・

持ち帰ってもらうために準備した袋が大きすぎたこと。
子供以上に大人がこれでもかっていうくらいに大量に持ち帰る人が多かったこと。

日曜日お越し頂いた方にはちょっと物足りなかったかも知れないです。
来年の反省にさせて頂きます。

すべて持ち帰ってもらったことでどんな理由であれ身近なところに木の必要性が
求められていると言うことが立証できたと思っています。

実は積み木となった木はほとんどが廃材となる予定の木だったんですね。

それが一般の方に持ち帰ってもらえるなんて嬉しい限りです。
木もきっと喜んでいることでしょう!


それから自分にとっては去年から注目してるのはチェーンソーアートなんです。

あすなろカービング倶楽部
がやっているんです。
そこに所属している山創(林業)の代表戸田君が出てるんですね!
奥のオレンジのツナギ着ているのがそうです。
2012102011340000.JPG


山への思いを熱く持っている若い経営者なんです。

農林漁業まつりではチェーンソーアートの実演をしてその場でオークション販売するんですね。
2012102114560000.JPG
皆さんオークションの時間になると集まってくるんですけど・・・
自分は皆さん財布が固いな〜〜〜って感じですかね。

おかげさまでゲットできました!!
今年は獅子頭!
2012102217270001.JPG

こんな感じです!
なかなか居室には置けないかも知れませんけどね。
鍋谷木材へお越しの方は拝観料は無料となっております。

去年の作品とのツーショット!

2012102217270000.JPG

なんて言ったらいいんでしょうか?
農林漁業まつりに求められている本質は山も海もあり豊富な水資源から我々が恩恵を受けていることは何事にも代え難い衣食住すべてに置いて深い関わりがありさらには健康に生きていくためにはこの自然を守っていくことは欠かせないことなんです。

林業を活性化させることで、きれいな水が生まれそして農業、漁業が守られる。
そんな自然のサイクルはすべて人が関わっている。
昔からそうだったはず。
安いものが悪いとは言わない。
けど誰が作りどこから買うのか。

それによって日本が地域が潤うことが大切なんです。
地域活性化とか願うならまず足下をしっかりみよう!
一人一人が出来ることがあるんです。

そんな本質が農林漁業まつりでは表に出てこない!
集客力ばかりを追求したから?

何を持ってイベントの成功と言えるのだろうか。
そんな本質が少しでも伝わるようにさらにさらに努力していかないといけない。

鍋谷木材もそんなことを大切に大切に考えていきます!

未来の子供達のために・・・




posted by 三代目 at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

第608章 第34回農林漁業まつり

今年もまた参加します。

思い起こせば3年前に石川県木材青壮年会の例会時に呼びかけをして
会のチラシを作り1万個の積み木広場と石川県産材積み上げチャレンジを企画し
それが恒例のイベントとなりつつあります。

3回目にもなると理解してくれるメンバーも増え積極的に参加してくれるようになりました。

材木屋として一般の方と木を通じて触れ合うきっかけとして出るようになったのですが
よはり一般の方と材木業界のメンバーと木に対する感覚の違いはあります。

プレーナー仕上げ(自動カンナ仕上げ)してない粗木の材料でも持ち帰って頂ける。
例会ではプレーナー仕上げしていないと危ない、
トゲがささったりすることで木に対するイメージダウンになる、
汚れが木になるなど・・・
こちらの勝手な思いこみだったんですね。

そんなことも一歩踏み出す勇気からたくさんの学びとなったわけで
自分たちが普通だと思ってた感覚とのズレがあったことを学んだんですね!

農業、漁業、林業を通じて環境、海、山、田、畑、木などとても身近なんだと
感じていただければいいんじゃないでしょうか。

毎年3万人が訪れるビッグイベント。
入口近くの里山里海ひろばでお待ちしております!

2012101911300000.JPG

第34回農林漁業まつり
posted by 三代目 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

第607章 新穂高〜西穂高岳

これも一ヶ月以上前なんですが西穂高登山してきました。

きっかけは7月の剣岳登山で山頂近くに鎖場や岩場があったんです。
MyPicture201207250515_0047.JPGMyPicture201207250515_0065.JPGMyPicture201207250515_0058.JPGMyPicture201207250515_0062.JPG

これが初鎖場、岩場だったんですがまさかの登山だったんですね。
自分の足だけで山頂目指すことが登山だと思ってたんですけどこんな経験したら登山の概念が吹っ飛びました。ヘタしたら大怪我もしくは・・・
実際滑落事故で怪我したり亡くなったりしているわけで中途半端な気持ちで登れないことを体験したんですね。

これで登山にガッツリ嵌りましたね。
いろんな登山の楽しみ方があるので人それぞれだと思いますが
この時の自分はリスキーな部分がない登山には魅力を感じないようになってましたね。

そんな自分に次の山を選んでくれたところが西穂高岳だったんですね。
山岳会に所属している先生+岩場初体験のメンバー2人と共に9月2日にチャレンジしてきました。

新穂高ロープウェイから西穂高を目指すんですけどロープウェイが8時からしか動かないので
それまでは乗り場付近で待機なんです。
天気もよさそう!!
2012090207350000.JPG

8時〜16時がロープウェイの営業時間なので遅くても最終便には間に合わないといけないんです。
7時過ぎには着いていたと思うのですがロープウェイ乗り場前は順番待ちになってるんですね。
2012090207520001.JPG2012090207520000.JPG

持って上がる荷物も8キロ以上ならロープウェイ料金片道1500円プラス、荷物券300円を買わないといけないんです。弱ったことにメンバーの一人が荷物券を買うことに・・・

そしてロープウェイも15分に1本くらいで乗り場で渋滞!!
さらには乗り継ぎしないといけないのでロープウェイ終点まで行った時には9時をまわっていたと思います。
さらには天気まで怪しくなってきた・・・・
2012090209030000.JPG

スタートが9時15分くらいだったかな。

ロープウェイ降り場〜西穂高山荘から西穂丸山へ
西穂丸山で10時30分。若干遅れ気味か??

2012090210320000.JPG

そして西穂高独標へ

11時15分西穂独標到着。
写真でわかるように厚い雲がかなり覆ってきた。
2012090211160000.JPG

天気も怪しこともあり少し休んで次はピラミッドピーク(8峰)へ

ここから岩場が出てきます!
初めての2人は怖かったみたい!
そりゃそうやろ

2012090211230000.JPG2012090211250000.JPG2012090211250001.JPG2012090211170004.JPG

こんなところを降りたり登ったりで
ピラミッドピーク到着!

2012090211480000.JPG

あと8峰越えれば西穂高山頂や!
2012090211490001.JPG
上空は晴れてるんだけど・・・って感じの先生
2012090211490001.JPG
西側の山の上には雨雲が・・・
そしてゴロゴロ聞こえてきた。
場所は5峰過ぎ。
あと30分くらいで山頂は踏める。
稜線上での雷はも逃げ場もなくもっとも危険な状態となる。
それを避けるためにも12時30分くらいに先生は退避の判断をした。

メンバー誰も反対もなく下山を始めた。
2012090212460000.JPG

初めての目標未達成での下山。
でも状況を考えると仕方ないこともわかる。
安全第一なんですよね。

ここは冒険すべきではないから。
俺も納得だったし。

ロープウェイ降り場に着いたのは15時。
展望台から西穂の山頂を眺める。
快晴だった。
2012090215040000.JPG

結果的に退避しなくても恐らく時間も天気も問題なく山頂まで行けた。
あくまでも結果なんだよね。

リベンジを誓いロープウェイで降りたんだけどまたこのメンバーでリベンジするぜ!
この4人のメンバーが大好きなんだよね!
他のメンバーもそう思ってるはず。

西穂高独標PP20120902 144.jpg

同じ山を目指し同じところで引き返し同じ悔しさも味わったわけだから。
山の魅力の一つをまた感じた登山でした!

無事が何よりやね!

posted by 三代目 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

第606章 コープの森で遊ぼう

これもまた少し前のことなんですが10月8日(月・祝)にコープいしかわさんが
「コープの森であそぼう」という企画でトントゥ(森の妖精)のワークショップや森の散策、植樹など
環境に優しいイベントが旧坪野キャンプ場にて行われました。
その閉鎖されたキャンプ場に植樹したりする活動を続けているんですね。

2012100811480000.JPG

トントゥといえばみわとしこさん。
みわさんからのお誘いを受けてワークショップのお手伝いをさせて頂きました。
トントゥのワークショップのお手伝いなら数年前からそうなんですが今回は
「講師として間伐材について語って下さい!」
とこれまた強引なお誘い。
自分自身ノーとは言えない日本人代表なのでもちろん引き受けさせて頂きました。

親子でトントゥを作るんですがそれを森の中でやるって!!
さすがコープいしかわさん!!
トントゥのワークショップに実は初参加だったんですね。
今までは材料だけをカットし納品まではしていたのですがどんな感じでトントゥが
生まれるのか知らなかったんです。

自分も講師としての緊張感もありましたがワークショップに参加できることで
とてもワクワクもしてたんですね。

前日に積み込んだ材料達(石川県産桧)もワクワクしてんだろう〜な〜

2012100617220000.JPG

そしてみわさんよりトントゥの由来や説明がありワークショップスタートです!!
2012100810120000.JPG2012100810140000.JPG2012100810170000.JPG2012100810180000.JPG2012100810270000.JPG2012100810360000.JPG2012100810370000.JPG

こんな感じでした。
まぁ〜それはそれは森の中は大騒ぎです!!
自分も初チャレンジさせて頂きました。
IMG00091.JPG
センスのなさに凹みましたけど・・・
まぁわかってたんですけどね。

そして間伐材についての初講師の出番です!

子供達にどうやって山に興味を持ってもらおうか2日くらいは悩みましたね。
なるべくゆっくり話すこと
子供たちを巻き込むこと
楽しむこと
を意識しながら山の現状や間伐材を使うことは悪いことではないこと
山の役割や木の特徴など・・・
最後は質問まで頂きました!!
IMG00094.JPG

思いを言葉にして伝えることの難しさを改めて感じましたね。
でも少しは伝わっているはずだと思っています。

積極的に木を使うことは環境にもいいことなんだよ!!

初講師もなんとか終わり最後は植樹です。
これも自分には初めての経験でとても新鮮でした。
クヌギの苗を植えたのですが穴を掘って出た土と炭を混ぜて埋め戻す。
2012100811560000.JPG


そうすることでしっかりと根付くらしいです。
去年の植樹した苗の中にはイノシシの被害を受け育たなかった苗もちらほらあったんです。
無事に育って欲しいですね。

コープいしかわさんの秋のコープの森で遊ぼう!にもアップされてたので詳しくはそちらもどうぞ!

次世代のためにできること。
山を守っていくことは本当に大切なんですよね。
そんなとても素敵なコープいしかわさんの社員さんたちでした!!

お声掛け頂きありがとうございました。

posted by 三代目 at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

第605章 いしかわ森林環境実感ツアー

またまた久しぶりの更新となってしまいました。
ボリッてしまいました!

9月22日に石川県緑化推進委員会が毎年年に5回くらい企画している「いしかわ森林環境実感ツアー」
といって手入れ不足人口林と強度間伐を実施した森林を見学しそして企業の社会貢献により整備された森を見学や「石動山史跡の森」でブナ林トレッキングするという一般公開イベントに参加してきました。

木を扱う材木屋として地元の森の現状や県の取り組みや一般の方の感覚なども含めて興味があり参加したのですがバスの中は完全に老人会のバス旅行になってましたね。

自分がダントツに一番若かったですから!

2012092210080000.JPG2012092209010000.JPG

まずは中能登町の間伐された杉の山とされていない山の見学に行き中能登農林総合事務所職員さんからの
説明が終わり質問タイムへ・・・

2012092210140000.JPG

説明には手入れが行き届かなくなり間伐作業が出来ていない山に環境税を利用し間伐作業をして
広葉樹との混合林にしていきたいと説明があったんですね。

2012092210170000.JPG

2012092210170001.JPG

真っ先に手を挙げ質問させてもらったのですが

@切り捨て間伐(間伐はするが山中から搬出はしない)に対する考え
A大径木(30〜40cm以上)まで育った杉の有効活用

@に関しては切り捨てされた木が腐り土に帰るまでのCO2の排出量と木から吸収するCO2の量が同じだと考えているから問題ない
Aに関しては最近の住宅では集成材(端材を接着剤で貼り合わせ柱や梁などの材料)が多用されているから大径木は集成材用に加工される

マジですか?

すかさず掟破りの再質問したんですけど問題ありませんとの答えなんですね。

まぁこのままなら石川の山に未来はないと思いましたね。
環境問題からの視点で見れば地球温暖化の原因の一つとしてCO2の問題があると言われてますが
CO2が問題であるのであれば間伐作業は必要であり混合林や植林などの手入れは必要になってくる。

しかし現状では荒廃している山に対してとりあえず間伐するため税金を使い何かを基準にして敵寸以上の丸太のみを搬出しそれ以外は搬出できても切り捨てられる。
実際測ったわけではないけど20cm前後が基準となっていそうです。

原木市では10cm〜の丸太なんて流通してますから!!

そして切り捨て間伐された樹が土に帰るまでに排出されるメタンガスはCO2に比べ20倍以上の吸収量が必要であることを考えると切り捨て間伐は間伐に対する効率を上げることにだけ効果的であると思うんですけど。

環境に対していいことなんて一つもないんですよね。

Aに関してもそう。
植林させるだけさせといて伐採時期に来ているのに当時より価格が下落している現状になると
大径木だろうが集成材用にする感覚が寂しすぎる。

大径木になるまでどれくらいの時間と手間がかかるのか、そしてその思いは報われるのか。

もちろん川下である材木業界も大径木に関する用途を検討する必要があると思うけど
川上側がそんな感覚じゃ悲しすぎるということです。

大径木の必要はないということと同じなんです!

まぁこの現状を打開するためにいろいろと考えてますから。
来年同じことは言わせません!!

未来のために・・・
木のために・・・
人のために・・・

材木屋の立ち位置をもう一度考え直す時が来ています!

ある意味参加してよかったです!!
posted by 三代目 at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

第604章 剣岳 馬場島〜山頂 Vol.2

ほんとに更新できない・・・
自分に負けてるわ!

前回まではまだ登ってすぐなんですけどとりあえず樹林帯がこれでもかってくらい続きます。
そして馬場島からの早月尾根コースを日帰りするなんてほとんどいないのですれ違ったりする人もほとんどいないんです。まぁその分マイペースでいけるんですけどアクシデントがあると誰もいないから大変なんですね。

どっちにしても集中力も大切です。

たまに樹林帯がとぎれている所から向かいの山が見えたりするのはすごい開放された感じがして足を止めてしまいます。

MyPicture201207250515_0010.JPG

MyPicture201207250515_0022.JPG

MyPicture201207250515_0027.JPG

早月小屋までもう少し・・・まだあと1Kmもあるの??
2012072207400000.JPG

2000m近くなるこの辺りからは木の高さも低くなり周りの景色も見えてくるんですね。
2012072207400001.JPG2012072208030000.JPG2012072208050000.JPG2012072208050001.JPG2012072208200000.JPG2012072208200001.JPG

早月小屋が見えてきました。
2012072208230000.JPG2012072208320000.JPG

8時半に早月小屋到着。すでに4時間半歩いてきたんですね。
その時携帯の充電がなくなりました。
フル充電ですよ!確かに写真は20枚ほど撮りましたけど・・・

どうも山では圏外になるので電波を探しているそうなんですね。
すると消耗が早くなるそうです。
と切れたあとに教えてくれました!なんて優しい先生なんでしょう!

今後の写真はすべて先生が撮った写真です!
MyPicture201207250515_0033.JPG
もうおにぎり4つ目くらいだったような気がします。

そして小休憩の後、山頂を目指します!

早月小屋のあとは岩場が増えてきます。

MyPicture201207250515_0041.JPG

っていきなりこうはなりませんけど・・・

道とは言えない木の根を這い上がるリスキーな場所もあり〜のMyPicture201207250515_0042.JPG

7月終わりだというのに残雪もあり〜の
MyPicture201207250515_0044.JPG

さらにリスキーな岩場もあり〜の
MyPicture201207250515_0047.JPG

天気も怪しくなり〜の
MyPicture201207250515_0049.JPGMyPicture201207250515_0050.JPG

もう笑いは一切ありません。
MyPicture201207250515_0058.JPGMyPicture201207250515_0062.JPGMyPicture201207250515_0063.JPGMyPicture201207250515_0064.JPGMyPicture201207250515_0065.JPG
初ピッケル、初アイゼン使用がトレーニングもなく剣で初実践って・・・
MyPicture201207250515_0067.JPG
完全に生きることだけに必死になります!
MyPicture201207250515_0068.JPG

くさり場もあり雪渓もありようやくそれらを乗り越え山頂なんです!
MyPicture201207250515_0070.JPG

ってかなりダイジェストで行っちゃいましたが山頂到着は12時半、登り口から6時間半というド素人の俺にはかなりの超ハードトレーニングとなりました。

山頂に着いてからは雨も降り出し時間も押していたので15分山頂にいただけで下山したのでした。

750mの馬場島〜2999mの山頂までは日本で一番の高低差のある登山コースでありその達成感は山頂ではなく馬場島に無事に降りてきた時に達成感を感じることができたんですね。

でも自分がこうして無事に下山できたのも一緒に行ってくれたメンバーがいたからなんです。
下山してから白山しか知らない自分が行くにはあまりにも無謀だったと思いました。
自分の浅はかな目標を口に出したことで剣登山のきっかけはできたのですが本当に何事にも代え難い貴重な経験をさせてもらいました。自分に自信が持てるような不思議な感じなんですね。

周りの方々に本当に感謝しています。
自分1人では間違いなく達成できなかったことです。

下山した時は達成感と同時に疲労感もあり二度と剣に行くことはないと思った次の日にはなぜか同じコースで登ってみたいと思わせる不思議な山なんですね!

憧れと試練。

そんな言葉が当てはまる剣登山でした。
また来年行けるといいなぁ〜!

posted by 三代目 at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。